第二種電気工事士の資格で幅広い業界にチャレンジ!転職に役立つ知識とスキル

資格

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

第二種電気工事士の資格は、低圧の電気設備に関する工事に従事できる資格です。

この資格を持っていると、どんなメリットがあるのでしょうか?

また、どんな業界や職種に転職できるのでしょうか?

この記事では、第二種電気工事士の資格を取得するメリットや転職を有利に進めるためのポイントなどを解説します。

ぜひ参考にしてください。

試験の申込み方法や受験料などの詳細は、一般財団法人電気技術者試験センターのホームページをご覧ください。

☆ その他おすすめの資格の記事はこちら⇩

第二種電気工事士の資格を取得するメリット

第二種電気工事士の資格を取得すると、以下のようなメリットがあります。

  • 電気工事に関する基礎知識や技能が身につく
  • 低圧の電気設備に関する工事に従事できる
  • 合格率が高く、比較的容易に取得できる

電気工事に関する基礎知識や技能が身につく

まず、第二種電気工事士の資格取得のために勉強や実務経験をすると、電気工事に関する基礎知識や技能が身につきます。

電気工事士法に基づいて実施される国家試験では、筆記試験と実技試験の2種類があり、筆記試験では、電気理論や法規などの知識が、実技試験では、配線図や回路図を読み解いて、配線や器具の取付け・取外しなどの技能が問われます。

試験に合格するためには、しっかりと勉強や練習を行う必要があります。その過程で、電気工事に必要な知識や技能が身につきます。

低圧の電気設備に関する工事に従事できる

次に、第二種電気工事士の資格を取得すると、低圧の電気設備に関する工事に従事できます。

低圧の電気設備は様々な場所で使用されているため、第二種電気工事士の資格が必要とされる業界や職種も多岐にわたります。

例えば、以下のような業界や職種に就職・転職の際に有利になる場合があります。

  • 電気工事業界:電気工事士、施工管理、設計など
  • ビルメンテナンス業界:ビル設備管理、ビルメンテナンススタッフなど
  • サービスエンジニア業界:医療機器やセキュリティ機器などの修理やメンテナンスなど
  • その他:住宅設備や家電の販売・取付け、自動車や船舶の電気設備の整備など

これらの業界や職種では、第二種電気工事士の資格だけでなく、他の資格や経験も必要とされる場合があります。

合格率が高く、比較的容易に取得できる

第二種電気工事士の資格は、合格率が高く、比較的容易に取得できるというメリットがあります。

前述したように、第二種電気工事士の国家試験は筆記試験と実技試験の2種類があります。

筆記試験は、60分間で50問の選択問題を解答。

実技試験は、90分間で配線図や回路図を基に配線や器具の取付け・取外しなどを行います。

そのため、合格率は50%〜70%と高い水準で推移しています。

また、試験は年に2回実施されるため、チャレンジしやすく比較的短期間で資格を取得できるという点も魅力的です。

以上のように、第二種電気工事士の資格を取得すると様々なメリットがあり、電気業界に就職・転職したい方におすすめです。

第二種電気工事士の主な就職先

第二種電気工事士の資格を持っていると、どんな業界や職種に就職・転職に有利になるのでしょうか?

以下の表に、第二種電気工事士の主な就職先の例を示します。

職種仕事内容
電気工事士低圧の電気設備の施工や修理などを行う。
施工管理電気工事の現場管理や品質管理、安全管理などを行う。
設計電気設備の設計や見積もり、図面作成などを行う。
ビル設備管理ビル内の電気設備の運用や保守、点検などを行う。
ビルメンテナンススタッフビル内の電気設備の故障対応や清掃などを行う。
サービスエンジニア医療機器やセキュリティ機器などの修理やメンテナンスなどを行う。
住宅設備・家電販売・取付けスタッフ住宅設備や家電の販売や取付け、アフターサービスなどを行う。
自動車・船舶整備士自動車や船舶の電気設備の整備や修理などを行う。

これらの就職先では、第二種電気工事士の資格が必須とされる場合もあれば、あれば望ましいとされる場合もあります。

また、給与は経験や能力、勤務地などによって変わります。しかし、第二種電気工事士の資格は、これらの就職先において有利に働くことができると言えます。

第二種電気工事士の転職を有利に進めるためのポイント

第二種電気工事士の資格を持っていると、幅広い業界や職種に転職できますが、それだけで転職が成功するとは限りません。転職を有利に進めるためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

  • 資格以外にも必要なスキルや経験を身につける
  • 履歴書や面接で資格の価値をアピールする

資格以外にも必要なスキルや経験を身につける

資格以外にも必要なスキルや経験を身につけることが重要です。

第二種電気工事士の資格は、電気に関する基本的な知識や技能を証明できるものですが、それだけでは不十分な場合があります。

例えば、施工管理や設計の職種では、第一種電気工事士の資格や電気主任技術者の資格などの上位資格が必要とされる場合があります。

また、サービスエンジニアや自動車・船舶整備士の職種では、専門的な知識や技能が必要とされる場合があります。

そのため、転職先に応じて、必要なスキルや経験を身につけることが重要です。

履歴書や面接で資格の価値をアピールする

最後に、履歴書や面接で資格の価値をアピールすることが重要です。

第二種電気工事士の資格は、電気に関する基本的な知識や技能を証明できるものですが、それだけでは他の応募者と差別化できません。

自分がどのように資格を活用してきたか、どのように資格を活用していきたいかを具体的に示すことで、採用担当者に印象付けることができます。

以上のように、転職を有利に進めるためには、自分の強みや目標を明確にすることや、資格以外にも必要なスキルや経験を身につけることなどが重要です。

また、資格を活かせる企業や求人を探すことや、履歴書や面接で資格の価値をアピールすることも重要です。

まとめ

この記事では、「第二種電気工事士資格 転職」の第二種電気工事士の資格は、低圧の電気設備に関する工事に従事できる資格です。

この資格を持っていると、以下のようなメリットがあります。

  • 電気工事に関する基礎知識や技能が身につく
  • 低圧の電気設備に関する工事に従事できる
  • 合格率が高く、比較的容易に取得できる

第二種電気工事士の主な就職先は、電気工事業界、ビルメンテナンス業界、サービスエンジニア業界などです。これらの業界や職種では、第二種電気工事士の資格が必要とされる場合や、あれば望ましいとされる場合があります。そのため、第二種電気工事士の資格は、就職・転職において有利に働くことができます。

  • さらに、第二種電気工事士の転職を有利に進めるためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。
  • 自分の強みや目標を明確にする
  • 資格以外にも必要なスキルや経験を身につける
  • 資格を活かせる企業や求人を探す
  • 履歴書や面接で資格の価値をアピールする

第二種電気工事士の資格を取得して転職を有利に進められるようにしましょう。

試験の申込み方法や受験料などの詳細は、一般財団法人電気技術者試験センターのホームページをご覧ください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

☆ その他おすすめの資格の記事はこちら⇩

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
資格
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました