施工管理技術検定 受検対策はいつから始める?「独学サポート事務局」がおすすめ【2024年版】

資格

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

施工管理技術検定に挑戦したいけど、受験対策は「いつから」「どのように」始めるべきかわからないという人も多いのではないでしょうか?

施工管理技術検定を取得すると、施工管理技士としてのスキルや信頼性が高まり、キャリアアップや転職に有利になります。

しかし、施工管理技術検定は、難易度が高く、合格率も低いというのが現状です。

例えば、2023年度の1級建築施工管理技術検定の合格率は、わずか8.9%でした。

このように、施工管理技術検定は、簡単に取れる資格ではありません。

では、独学の場合の受検対策は、「いつから」「どのように」始めるべきなのでしょうか?

重  要
  • 受検対策は、試験日からさかのぼって3~5ヶ月前から始める
  • 第一次検定と第二次検定のそれぞれの特徴に合わせて対策する
  • 自身でテキストや参考書をそろえるのは、時間や費用がかかる。
  • オンラインで効率的な学習方法や実地論文の作成指導を提供する「独学サポート事務局 施工管理技士受験対策シリーズ」が、おすすめ!

[PR]

開講18年の実績
受講者 延べ58,000名以上

施工管理技術検定に合格するための受検準備

そこで、施工管理技術検定に合格するためには、どのように受検準備をすればいいのでしょうか?

独学で準備する受検対策期間

施工管理技術検定は、幅広い知識と応用力が求められる試験です。

そのため、短期間で覚えることは困難なため、計画的に学習することが必要です。

一日何時間くらい学習をすればいい?

独学で進める場合の一日の勉強時間は、自分に無理のない範囲で決めましょう。

一般的に集中できる持続時間は、3時間程度といわれていますので、2~3時間の範囲で行うといいでしょう。

勉強をするタイミングは、環境によって様々だと思いますが、朝型の人は早起きして出勤前の時間でもいいでしょうし、夜型の人は就寝までの時間でもいいでしょう。

自分に合った時間で行えば、モチベーションも保ちながら勉強を継続できるはずです。

受検勉強はいつ頃から始めればいい?

では、独学で受検する場合いつごろから勉強を始めればいいでしょうか?

普段仕事で忙しくしている人は、それに加え長い期間勉強に追われるとモチベーションを保つのが大変です。

第一次検定については、試験種別にもよりますが試験日から遡って3~5ヶ月位前から、本格的な学習に入るのが良いでしょう。

第二次検定は、第一次検定の受検が終わったらすぐに取り掛かりましょう。

どの分野も合格発表を待っていると、第二次検定までの期間が2~4ヶ月程の期間しかないので、合格を前提に取り組む必要があります。

受検を決意してから勉強を始めるタイミングは、早過ぎず遅すぎないようにプラン立てるのが良いでしょう。

独学での受検対策方法

施工管理技術検定は、第一次検定と第二次検定の二段階で行われるため、それぞれの検定の特徴に合わせ対策する必要があります。

第一次検定については、マークシートということもあり参考書などで勉強すれば、現場経験が浅い方でも合格できると思います。

ただし、第二次検定については、記述式で行われ施工経験と幅広く技術的な知識を求められるため、うろ覚えではしっかりと解答できず合格を勝ち取ることはできません。

さらに第二次検定では、工事経験を論文形式で記述させる問題が必ず出題され、多くの人の合格を阻んでいます。

テキストや参考書を購入して勉強する

独学で準備する場合は、テキストや参考書を購入して勉強する方法が一般的です。

ただし、テキストや参考書は数多く出版されているため、どれを購入するか選ぶのに時間がかかりますし、欲しい情報が掲載されていない場合は、追加で買い足さなければならない場合もあるかもしれません。

テキストや参考書は、1冊3,000円程度するため何冊も購入することになると、意外と出費がかさみます。

また、第二次検定で出題される工事経験記述では、自身の実務を指定された条件で記述しなければならず、参考書だけでは正解がわからない場合もあります。

独学サポート事務局で対策する

そんなときにおすすめなのが、独学サポート事務局というサービスです。

独学サポート事務局は、施工管理技術検定の独学取得を目指す人に、効率的な学習方法や施工経験記述論文の作成指導などを提供するサービスです。

独学サポート事務局の特徴は、以下の通りです。

  • オンラインで受講できるので、自分の都合に合わせて学習できる
  • 講師は、施工管理技術検定に合格した経験豊富なプロフェッショナルで、個別にサポートしてくれる
  • 教材は、検定に出題される傾向やポイントを押さえたオリジナルのもので、わかりやすく解説されている
  • 本番の試験直前に、実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信される
  • 施工経験記述論文の作成指導は、講師が直接添削やアドバイスをしてくれるので、自信を持って提出できる
  • 受講料は、検定やレベルによって異なるが、他の予備校や通信教育と比べてもリーズナブルである

独学サポート事務局の受講生は、全体の平均よりも約2倍高い合格率を誇っています。

また、講師は、施工管理技術検定に合格した経験豊富なプロフェッショナルで、個別にサポートしてくれます。

教材や施工経験記述論文の作成指導も、検定に出題される傾向やポイントを押さえたオリジナルのもので、わかりやすく解説されています。

独学サポート事務局を利用することは、自身で市販のテキストを購入して勉強する場合と比べ費用は掛かるように感じる人もいるかもしれません。

しかし、独学サポート事務局の対策シリーズでは、必要なものはすべて盛り込まれています。

自身で資料を取りそろえた場合と比べても、かかる費用はさほど変わりません。

独学サポート事務局対策シリーズは資料に加えサポートがある安心感を考慮すると割安かもしれません。

施工管理技術検定に挑戦する人は、ぜひ独学サポート事務局の受検対策シリーズで準備することを検討してください。

施工管理技技術検定は7種類

施工管理技術検定とは、建設業界で活躍する施工管理技術者の資格を認定する国土交通省の検定制度です。

施工管理技術検定には、以下の7種類があります。

  • 建築施工管理技術検定(1級・2級)
  • 土木施工管理技術検定(1級・2級)
  • 電気工事施工管理技術検定(1級・2級)
  • 管工事施工管理技術検定(1級・2級)
  • 造園施工管理技術検定(1級・2級)
  • 建設機械施工技術検定(1級・2級)
  • 電気通信工事施工管理技術検定(1級・2級)

それぞれの検定には、1級と2級の2つのレベルがあります。

1級は、より高度な知識や技能を持つ施工管理技術者を認定する検定、2級は、基礎的な知識や技能を持つ施工管理技術者を認定する検定です。

令和6年度技術検定スケジュール

試験日と受験申込期間は、以下の通りです。

出典:国土交通省HP

1級技術検定スケジュール

検定種目第一次検定第二次検定
申込受付試験日合格発表申込受付試験日合格発表
建設機械2月15日~
4月5日
6月16日7月29日2月15日~
3月29日
(筆記)6月16日
(実技)8月下旬
   ~9月中旬
11月18日
土  木 ※13月22日~
4月5日
7月7日8月15日3月22日~
4月5日
10月6日R7年1月10日
建  築2月22日~
3月8日※2
7月21日8月23日2月22日~
3月8日
10月20日R7年1月10日
電気工事7月14日
管 工 事5月7日~
5月21日
9月1日10月3日5月7日~
5月21日
12月1日R7年3月5日
電気通信工事
造  園
※1:1級第一次検定の試験地について、令和6年度から「鹿児島」が追加
※2:第一次検定のみ受検者(再受検申請は除く)は、4月5日まで可能

2級技術検定スケジュール

検定種目第一次検定第二次検定
申込受付試験日合格発表申込受付試験日合格発表
建設機械2月15日~
4月5日
6月16日7月29日2月15日~
3月29日
 (筆記)6月16日 
(実技)8月下旬
    ~9月中旬
11月18日
検定種目第一次検定(前期)第一次検定(後期)・第二次検定
申込受付試験日合格発表申込受付試験日合格発表
土 木 ※13月6日~
3月21日
6月2日 7月2日7月3日~
7月17日
10月27日12月4日(第一次検定)
R7年2月5日(第二次検定)
建  築2月9日~
3月8日
6月9日7月10日7月10日~
7月24日※2
11月24日R7年1月10日(第一次検定)
R7年2月7日  (第二次検定)
電気工事
管 工 事3月6日~
3月21日
6月2日7月2日7月9日~
7月23日
11月17日R7年1月6日(第一次検定)
R7年3月5日(第二次検定)
電気通信工事
造  園
※1:2級土木施工管理技術検定の第一次検定(前期)については、種別「土木」のみ実施
※2:インターネット申込は、6月26日から7月24日まで可能

まとめ

この記事では、施工管理技術検定の受検対策について解説しました。

重  要
  • 受検対策は、試験日からさかのぼって3~5ヶ月前から始める
  • 第一次検定と第二次検定のそれぞれの特徴に合わせて対策する
  • 自身でテキストや参考書をそろえるのは、時間や費用がかかる。
  • オンラインで効率的な学習方法や実地論文の作成指導を提供する「独学サポート事務局 施工管理技士受験対策シリーズ」が、おすすめ!

受検対策に早すぎるということはありませんが、モチベーションを保つため試験日のさかのぼって3~5ヶ月前から集中して取り組みましょう。

また、第一次検定と第二次検定は、試験の方式が違うためそれぞれのの特徴に合わせて対策しましょう。

施工管理技術検定は、難易度が高く、合格率も低い試験ですが、長期間で計画的に対策すれば合格することは可能です。

ぜひ、挑戦してみてください。

[PR]

開講18年の実績
受講者 延べ58,000名以上
この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
資格
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました