dodaプレミアムオファーのメリットと受け取る方法 条件や頻度、コツを紹介

転職サイト

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

dodaに登録して転職活動をしていると、「プレミアムオファー」というメールが届くことがあります。

これは、職務経歴やスキルに興味を持った企業から送られてくる特別なオファーで、このプレミアムオファーを受け取ると面接確約や非公開求人などと出会えるというメリットがあります。

しかし、プレミアムオファーは、どのようにすれば送られてくるのでしょうか?

また、送られてくる条件や頻度は、何によって決まるのでしょうか?

この記事では、dodaプレミアムオファーの仕組みや特徴、送られてくる条件や頻度、受け取るためのコツなどを詳しく解説します。

転職活動を検討している方や自分の市場価値を確かめたい方は、ぜひdodaに登録してプレミアムオファーを受け取ってください。

プレミアムオファーを受け取るには、会員登録が必要です。会員登録がまだの方は↓から登録しましょう。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

dodaプレミアムオファーとは?

dodaプレミアムオファーとは、dodaに登録した求職者の職務経歴書を見て、企業の担当者が直接「ぜひ会ってみたい」と思った場合にだけ、送られてくるオファーです。

プレミアムオファーは、通常のオファーとは違って、企業の意志で送られるものなので、採用意欲は高いと言えるでしょう。

また、プレミアムオファーには以下のような特徴があります。

  • 面接が確約されている
  • 一般では公開されていない非公開求人もある
  • 通常のオファーよりも内定率が高い

面接が確約されている

プレミアムオファーを受け取った場合、書類選考をせずに面接から選考がスタートします。

これは、企業があなたの職務経歴書に目を通した上で送っているので、書類上では企業の求める条件に達しているということになるからです。

そのため、人柄を見るために面接からスタートするケースが多くなっています。

人材として本当に欲しい人だけにプレミアムオファーを出しているからこそ、企業は面接確約を約束できるのです。

一般では公開されていない非公開求人もある

プレミアムオファーでは、dodaの求人サイトでは掲載していない非公開求人が紹介されるケースもあります。

企業が、求人を非公開にする理由は様々ですが、競合に求人を出していることを知られたくないというケースが多くあります。

特に、新事業のスターティングメンバー募集などは、求人を公開することで競合にバレてしまう可能性があるので、それを避けるために内密に求人を出すことも少なくありません。

プレミアムオファーには、そのような非公開求人が混ざっているのです。

通常では出会えないようなレア求人が見つかることも、スカウトサービスを利用するメリットと言えます。

通常のオファーよりも内定率が高い

プレミアムオファーは、通常のオファーと比べて内定率が高いと言えます。

通常のオファーは、職務経歴やスキルをもとに機械的に送られますが、プレミアムオファーは、企業の担当者が直接あなたの職務経歴書に目を通した上で送られてくるオファーです。

機械的に送っているのではなく、企業の意志で送られるオファーなので、採用意欲は高い傾向にあります。

早い段階で面接に進めるので、通常のオファーよりも内定がもらえる確率は高くなるでしょう。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

プレミアムオファーはどのくらい送られてくる?

dodaプレミアムオファーは、企業の担当者が直接あなたの職務経歴書を見て送ってくるものなので、送られてくる条件や頻度は企業の判断によって変わります。

しかし、一般的には以下のような要素が影響していると言えます。

  • 職務経歴書の充実度
  • 求められるスキルや経験の有無
  • 業界や職種の需要と供給のバランス
  • ログイン頻度や活動状況

職務経歴書の充実度

dodaプレミアムオファーは、あなたの職務経歴書を見て送られてくるので、職務経歴書の充実度が重要です。

職務経歴書には、以下のような情報を詳しく記載することがおすすめです。

  • これまでの職務内容や担当業務
  • その中での成果や貢献
  • 使用したスキルやツール
  • 取得した資格や認定
  • 転職の理由や希望条件

職務経歴書には、自分の強みや魅力をアピールすることが大切です。

企業の担当者があなたの職務経歴書を見て、「この人なら自社にフィットする」と思えるように、具体的で分かりやすい内容にすることがポイントです。

求められるスキルや経験の有無

dodaプレミアムオファーは、企業が求めるスキルや経験を持っている人に送られることが多いです。

例えば、IT業界ではプログラミング言語やフレームワークなどの技術スキルが重視されますし、営業職では実績や顧客対応力などが求められます。

企業は、自社のニーズに合った人に送ることが多いのです。

そのため、自分が持っているスキルや経験を職務経歴書に明記することが重要です。

また、企業が求めるスキルや経験は、業界や職種によって変わることもあります。

例えば、コロナ禍でテレワークが増えたことで、リモートワークに慣れている人や、コミュニケーション能力が高い人が求められるようになったというケースもあります。

自分が希望する業界や職種の動向を把握し、求められるスキルや経験を身につけることで、プレミアムオファーを受け取るチャンスを高めることができます。

業界や職種の需要と供給のバランス

dodaプレミアムオファーは、業界や職種の需要と供給のバランスにも影響されます。

需要が高くて供給が少ない業界や職種では、企業が積極的に人材を探しているので、プレミアムオファーが送られてくる可能性が高くなります。

逆に、需要が低くて供給が多い業界や職種では、企業が慎重に人材を選んでいるので、プレミアムオファーが送られてくる可能性が低くなります。

例えば、IT業界では、AIやIoTなどの新技術の発展に伴って、エンジニアやデータサイエンティストなどの人材が不足していると言われています。

そのため、IT業界で働いている人やITスキルを持っている人は、プレミアムオファーを受け取る確率が高いと言えます。

一方、製造業や建設業などでは、コロナ禍で需要が減少したり、自動化やロボット化によって人手が必要なくなったりする傾向にあります。

そのため、製造業や建設業で働いている人や、その分野のスキルを持っていても、プレミアムオファーを受け取る確率が低いと言えます。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

dodaプレミアムオファーを受け取るためのコツ

dodaプレミアムオファーを受け取るためには、以下のようなコツがあります。

  • 職務経歴書を定期的に更新する
  • 求められるスキルや経験を身につける
  • 需要が高い業界や職種に目を向ける
  • ログイン頻度や活動状況を高める

職務経歴書を定期的に更新する

職務経歴書は、プレミアムオファーを受け取るための最も重要な要素です。

職務経歴書には、自分の強みや魅力をアピールすることが大切です。

具体的で分かりやすい内容にすることがポイントです。

職務経歴書は、定期的に更新することがおすすめです。

更新することで、以下のようなメリットがあります。

  • 最新の情報を反映できる
  • 企業の担当者に「転職意欲が高い」という印象を与える
  • ログイン頻度や活動状況を高める

最新の情報を反映できるというのは、自分が持っているスキルや経験を正確に伝えることができるということです。

例えば、新しい資格を取得したり、新しいプロジェクトに参加したりした場合は、それを職務経歴書に追加することで、自分の価値を高めることができます。

企業の担当者に「転職意欲が高い」という印象を与えるというのは、自分のキャリアに対して真剣に向き合っているということです。

例えば、職務経歴書の更新日が古い場合は、企業の担当者に「もう転職を諦めたのかもしれない」という印象を与えることがあります。

逆に、職務経歴書の更新日が新しい場合は、企業の担当者に「まだ、転職活動を続けている」という印象を与えることができます。

ログイン頻度や活動状況を高めるというのは、自分から積極的に動いているということです。

例えば、求人を検索したり、オファーに返信したり、エージェントと連絡を取ったりすることで、自分の活動状況を高めることができます。

これは、企業の担当者に「この人は他の企業とも話を進めているかもしれない」という危機感を与えることができます。

職務経歴書を定期的に更新することで、プレミアムオファーを受け取るチャンスを高めることができます。

求められるスキルや経験を身につける

求められるスキルや経験を身につけることで、プレミアムオファーを受け取るチャンスを高めることができます。

求められるスキルや経験は、業界や職種によって変わることもありますが、一般的には以下のようなものがあります。

ITスキル

ITスキルとは、パソコンやインターネットを使うことができる能力のことです。

例えば、ワードやエクセルなどの基本的なソフトウェアの操作や、メールやSNSなどのコミュニケーションツールの利用などがあります。

ITスキルは、どの業界や職種でも必要とされるスキルです。

語学スキル

語学スキルとは、外国語を話したり書いたりすることができる能力のことです。

例えば、英語や中国語などのビジネスでよく使われる言語や、フランス語やスペイン語などのヨーロッパの言語などがあります。

語学スキルは、グローバルなビジネスを展開する企業や、外国人とのやりとりが多い企業で求められるスキルです。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、自分自身や他人を管理することができる能力のことです。

例えば、目標設定や計画立案、進捗管理や問題解決、フィードバックや評価などがあります。

マネジメントスキルは、リーダーやマネージャーとして働く人や、チームやプロジェクトを率いる人に求められるスキルです。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルとは、相手と円滑にやりとりすることができる能力のことです。

例えば、話し方や聞き方、表情や態度、ボディランゲージやジェスチャーなどがあります。

コミュニケーションスキルは、どの業界や職種でも必要とされるスキルです。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルとは、自分の考えや提案を相手に伝えることができる能力のことです。

例えば、資料作成や話の構成、声のトーンやスピード、視線や動きなどがあります。

プレゼンテーションスキルは、営業職や企画職など、相手に何かを伝える必要がある職種で求められるスキルです。

需要が高い業界や職種に目を向ける

需要が高い業界や職種に目を向けることで、プレミアムオファーを受け取るチャンスを高めることができます。

需要が高い業界や職種とは、社会的なニーズやトレンドに合わせて、成長や変化が見込まれる業界や職種のことです。

例えば、以下のような業界や職種が需要が高いと言われています。

IT業界

IT業界は、AIやIoTなどの新技術の発展に伴って、様々な分野に革新をもたらしている業界です。

IT業界では、エンジニアやデータサイエンティストなどの技術者や、プロジェクトマネージャーやコンサルタントなどのビジネスパーソンが求められています。

医療・福祉業界

医療・福祉業界は、高齢化や健康意識の高まりに伴って、人々の生活に欠かせない業界です。

医療・福祉業界では、医師や看護師などの医療従事者や、介護士やケアマネージャーなどの福祉従事者が求められています。

エネルギー・環境業界

エネルギー・環境業界は、地球温暖化やエネルギー問題に対応して、持続可能な社会を目指す業界です。

エネルギー・環境業界では、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの開発や普及に関わるエンジニアや営業などが求められています。

エンジニア職

エンジニア職は、様々な分野で技術的な問題を解決する職種です。エンジニア職では、ソフトウェアやハードウェア、機械や電気などの分野において、開発や設計や運用などに関わる人材が求められています。

データサイエンティスト職

データサイエンティスト職は、ビッグデータやAIなどの技術を使って、データの収集や分析や活用を行う職種です。

データサイエンティスト職では、プログラミングや統計学などの技術スキルや、ビジネスやマーケティングなどの知識やセンスを持った人材が求められています。

コンサルタント職

コンサルタント職は、企業や組織に対して、戦略や改善などの提案や支援を行う職種です。

コンサルタント職では、分析や調査や交渉などのスキルや、幅広い知識や経験を持った人材が求められています。

ログイン頻度や活動状況を高める

ログイン頻度や活動状況を高めることで、プレミアムオファーを受け取るチャンスを高めることができます。

ログイン頻度や活動状況を高める方法は、以下のようなものがあります。

毎日dodaにログインする

毎日dodaにログインすることで、企業の担当者に「転職活動を継続している」という印象を与えることができます。

求人を検索して応募する

また、求人を検索して応募することで、企業の担当者に「自分の希望に合った求人を探している」という印象を与えることができます。

オファーに返信する

オファーに返信することで、企業の担当者に「オファーに興味がある」という印象を与えることができます。

エージェントと連絡を取る

また、エージェントと連絡を取ることで、企業の担当者に「転職活動に本気で取り組んでいる」という印象を与えることができます。

職務経歴書を更新する

職務経歴書を更新することで、企業の担当者に「自分のキャリアに対して真剣に向き合っている」という印象を与えることができます。

また、最新の情報を反映することで、自分の価値を高めることができます。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

まとめ

dodaプレミアムオファーは、企業の担当者が直接あなたの職務経歴書を見て送ってくる特別なオファーです。

プレミアムオファーには、面接確約や非公開求人などのメリットがあります。

プレミアムオファーを受け取るためには、職務経歴書を定期的に更新したり、求められるスキルや経験を身につけたり、需要が高い業界や職種に目を向けたり、ログイン頻度や活動状況を高めたりすることがコツです。

プレミアムオファーを受け取るために、自分の職務経歴書やスキルや活動状況を見直してみましょう。

あなたにぴったりの求人が見つかるかもしれません。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

【P R】

doda

「転職サイト」と「エージェントサービス」が複合したサービスで、すべて無料で利用できます。「転職サイト」は、10万件以上ある求人の中から検索したり、特集求人や毎週更新される新着求人もチェックできます。
「エージェントサービス」は、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のそれぞれ違った視点からサポートしてくれます。

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
転職サイト
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました