dodaプレミアムオファーを辞退するときの3つのポイント

転職サイト

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

今回は、dodaのプレミアムオファーを辞退するときの注意点についてお話ししたいと思います。

dodaのプレミアムオファーとは、あなたの職務経歴やスキルに興味を持った企業から直接送られてくる特別なオファーのことです。

プレミアムオファーは、書類選考をせずに面接から選考がスタートする場合が多く、内定の確率も高いと言われています。

また、一般では公開されていない非公開求人も紹介されることがあります。

dodaプレミアムオファーは、企業の採用意欲が高いオファーなので、少しでも興味のある企業であれば承認することをおすすめします。

もし、企業の事業内容など詳しい説明を聞いてみたい場合は、オファーを承認してメッセージパネル上で要望を伝えることもできます。

プレミアムオファーは、転職活動において大きなチャンスとなることは間違いありませんが、必ずしもその企業に入社することが自分のキャリアにとって最善の選択とは限りません。

では、プレミアムオファーを辞退するときには、どのようなことに注意すべきでしょうか。

ここでは、プレミアムオファーを辞退するときの3つのポイントをご紹介します。

プレミアムオファーを受け取るには、会員登録が必要です。会員登録がまだの方は↓から登録しましょう。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

dodaプレミアムオファーとは?

dodaプレミアムオファーとは、dodaに登録した職務経歴書を見て企業の担当者が、「ぜひ会ってみたい」と思った場合にだけ送られてくる特別なオファーです。

プレミアムオファーには以下のような特徴があります。

  • 面接が確約されている
  • 非公開求人もある
  • 通常のオファーよりも内定率が高い

面接が確約されている

プレミアムオファーは、ほとんどの場合書類選考がなく面接からスタートします。

企業は、職務経歴書に目を通した上で送っているので、書類上では企業の求める条件に達しているということになるからです。

そのため、人柄を見るために面接からスタートするケースが多くなっています。

非公開求人もある

プレミアムオファーでは、dodaの求人サイトでは掲載していない非公開求人が紹介されるケースもあります。

企業が求人を非公開にする理由は様々ですが、その中でも競合に求人を出していることを知られたくないというケースが多くあります。

プレミアムオファーには、そのような非公開求人が混ざっています。

通常のオファーよりも内定率が高い

プレミアムオファーは、通常のオファーと比べて内定率が高いと言えます。

企業の意志で送られるオファーなので、採用意欲は高い傾向にあります。

早い段階で面接に進めるので、通常のオファーよりも内定がもらえる確率は高くなるでしょう。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

プレミアムオファーを辞退するときの注意点

dodaプレミアムオファーとは、企業から直接あなたに興味を持って送られる特別なオファーです。

このオファーは、面接確約や非公開求人など、内定に近づくためのメリットがありますが、必ず受ける必要はありません。

dodaプレミアムオファーを辞退するには、メッセージパネルで「辞退する」を選択してください。

その際、辞退理由を任意で回答することができますが、企業には開示されませんのでご安心ください。

ただし、辞退の取り消しはできないので注意してください。

dodaの公式サイトによると、『会員会員専用ページに届く「企業からのオファー」や、オファーが届いたことをご連絡する「お知らせメール」への辞退連絡は不要です。』とあります。

ただし、オファーを無視すると、企業とのつながり枠が消費されてしまうので、注意が必要です。

プレミアムオファーを受け取ったにもかかわらず、辞退することに決めた場合は以下のような点に注意しましょう。

  • 辞退の理由を明確にする
  • 辞退の連絡は早めにする
  • メッセージパネルで「辞退する」を選択する

辞退の理由を明確にする

プレミアムオファーを辞退するときには、まず自分の中で辞退の理由を明確にしましょう。

例えば辞退の理由には、以下のようなものが考えられます。

  • 自分の希望する業界や職種と合わない
  • 自分のスキルや経験と求められるレベルに差がある
  • 自分の価値観やキャリアビジョンと企業のビジョンや文化が合わない
  • 自分のライフスタイルや働き方と企業の勤務条件や福利厚生が合わない
  • すでに他の企業と内定の約束をしている

辞退の理由を明確にすることで、自分のキャリアにとって本当に必要なものは何かを見極めることができます。

また、辞退の理由を明確にすることで、企業に対しても誠実に対応することができます。

辞退の連絡は早めにする

プレミアムオファーを辞退するときには、できるだけ早めに連絡することがマナーです。

プレミアムオファーは、企業があなたに対して高い採用意欲を持って送ってくるものです。

そのため、辞退する場合でも、企業に対して感謝の気持ちを伝えるとともに、早めに連絡したほうが良いでしょう。

辞退の連絡は、プレミアムオファーを受け取ってから1週間以内に連絡することを目安にしましょう。

連絡が遅れると、企業の採用計画に影響を与えるだけでなく、あなたの印象も悪くなります。

メッセージパネルから「辞退する」

プレミアムオファーを辞退する場合の連絡方法は、dodaのサイト内にあるメッセージパネルから辞退できます。

  • メッセージパネルで「辞退する」を選択する
  • 辞退理由を回答する(任意)

メッセージパネルで「辞退する」を選択する

メッセージパネルは、企業からのオファーやメッセージのやり取りを確認できる画面です。

メッセージパネルにアクセスするには、dodaのサイトにログインして、マイページから「メッセージパネル」から「辞退する」をクリックすると辞退することができます。

辞退理由を回答する

辞退理由を回答するには、メッセージパネルで「辞退する」を選択した後、任意で辞退理由を回答することができます。

辞退理由は企業に開示されませんので、ご自由にお書きください。

辞退理由を回答することで、今後の求人やオファーの改善に役立てることができます。

辞退理由を回答する方法は、以下の通りです⁵。

  • メッセージパネルのオファー文下部にある「辞退する」をクリックする。
  • 「辞退理由を回答する」を選択します。
  • 辞退理由を入力します。例えば、「他社から内定をもらった」「自分の希望と合わない」「転職を見送ることにした」などです。
  • 「回答する」をクリックする。

辞退理由は、オファーを辞退した後でも回答することができます。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

まとめ

dodaプレミアムオファーは、企業から直接送られてくる特別なオファーで、面接確約や非公開求人など内定をもらうのに有利になるものもあります。

しかし、その企業に入社することが自分のキャリアにとって最善の選択とは限りません。

プレミアムオファーを辞退する場合には、以下の3つのポイントに注意しましょう。

1.辞退の理由を明確にする

2.辞退の連絡は早めにする

3.メッセージパネルで「辞退する」を選択する

以上が、dodaプレミアムオファーを辞退するときの注意点です。

プレミアムオファーは、あなたのキャリアにとって大きなチャンスですが、自分の希望や価値観に合わない企業には、無理に応募する必要はありません。

プレミアムオファーを辞退する場合には、この記事のポイントを参考にしてください。

[PR]

会員登録してプレミアムオファーを受け取る
登録から利用 すべて無料

【P R】

doda

「転職サイト」と「エージェントサービス」が複合したサービスで、すべて無料で利用できます。「転職サイト」は、10万件以上ある求人の中から検索したり、特集求人や毎週更新される新着求人もチェックできます。
「エージェントサービス」は、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のそれぞれ違った視点からサポートしてくれます。

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
転職サイト転職体験情報
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました