リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較|年収600万円以上のハイクラス転職サイト

転職サイト

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

転職サイトは、いろいろなサービスがありますが、どんな方がどのサービスを使えばよいのか?

転職の決意を固めたらまずは、自分に合った転職サイトを探して登録することをお勧めします。

転職サイトのサービスを利用すれば、あなたの経歴などを見た企業やエージェントからオファーやスカウトが送られてくるので、自分だけでは探せなかった理想の企業と出会うことができるかもしれません。

この記事では、私も登録している「リクルートダイレクトスカウト」と「ビズリーチ」の求人の内容について比較します。

「リクルートダイレクトスカウト」も「ビズリーチ」も登録は無料です。

登録しても必ず転職しなければならないわけではありません。

自分にどんなオファーやスカウトがくるのか確かめるだけでも登録する価値があるでしょう。

まずは、会員登録して転職への第一歩を踏み出しましょう。

  • 転職サイトのサービスにはそれぞれ特徴があり、自分に合ったものを選ぶことが重要である。
  • リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、年収600万円以上のハイクラスに特化したサービスであるが、求人の内容や対象者に違いがある。
  • リクルートダイレクトスカウトは、IT,インターネット系の求人が多く、メンバー募集が多い。ビズリーチは、大手企業やベンチャーの求人が多く、役員,管理職の募集が多い。
  • 両方のサービスに登録することで、自分の市場価値を確認したり、理想の企業と出会う機会を増やすことができる。

☆ リクルートダイレクトの新規登録方法については、以下の記事をご覧ください。

☆ ビズリーチの新規登録方法については、以下の記事をご覧ください。

まずは自己分析! いまの自分を振り返ってみる

転職サイトは、それぞれ取り扱いの求人に特徴があるので、利用する方の現在の年収や経歴,希望する業種や職種,年収によってそれぞれ合うサービスが変わってきます。

特に利用する方の年齢は、大きく影響します。

定年退職の年齢を60歳にしている企業はまだ多いので、50歳代後半になると求人が少なくなります。

現在では、定年退職制度そのものをなくしたり、65歳にしている企業も増えてきていますが、50代以降の転職は厳しいといえます。

転職の理由はそれぞれあると思いますが、厳しい現状を乗り越えるには年齢以上の自分の価値を確認したうえで転職活動を行う必要があります。

まずは現在の自分を振り返り、自己分析し経歴や希望などを整理しチェックしましょう。

  • 現在年齢
  • 現在年収
  • 経歴
  • 希望職種
  • 希望ポジション
  • 希望年収

こんな人はリクルートダイレクトスカウトに登録

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスに特化していて、ヘッドハンターや企業からの「スカウト」をメインとするサービスです。

リクルートダイレクトは、現在の年収が500万円以上の40~50代向けの、転職サイトといえます。

掲載求人数は、21万件程ありその中で600万円以上の求人が、8万件以上掲載されています。

年収応相談の求人を、含めると10万件以上であり全体の約半分が、600万円以上の取り扱いということになります。

600万円以上の求人での業種は、幅広く取り扱っていますが、IT,インターネット系の取り扱いが最も多く3.7万件程。

ポジションは、役員,管理職,技術職となっています。

現在の年収が600万円以上で、希望年収も600万円以上を目指している方、役員や管理職の経歴などの高いスキルを持っている方はぜひ登録してください。

特に、IT,インターネット系の経験をお持ちの方は、求人数が多く見ることができます。

自分の市場価値を確認することもできるので特にお勧めします。

私は、管理職経験があるのですが、IT,インターネット系の経験はなく、何かに特化したスキルもないため、なかなかスカウトが届かない状況です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 現在年齢 40~50歳代
  • 現在年収 600万円~
  • 経歴   経営層,管理職の経歴,ITインターネット系の経歴 
  • 希望業種 大手・ベンチャー企業
  • 希望ポジション 経営層,管理職,技術職,メンバー
  • 希望年収 600万円~
  • 利用料金 すべて無料

こんな人はビズリーチに登録

ビズリーチは、年収600万円以上のハイクラスに特化していて、募集企業もよく聞く企業が名を連ねています。

募集年齢は、現在年収40~50歳代の方向けの転職サイトです。

現在の年収が600万円以上で、希望年収も600万円以上を目指している方。

また、役員や管理職の経歴を持っている方は、メインでの利用をお勧めします。

応募条件を見ると、専門的な経験やスキルを持った人や役員,管理職といった人材を求めている募集が多く掲載されています。

ビズリーチで求人を出す企業は、即戦力の管理職を求めている企業が多いということですね。

企業からすれば、高い給料を払ってまで招き入れたいという人には、厳しい条件が付くのは当たり前ですね。

私は、管理職経験も長いのでオファーをいただくことはあるのですが、管理職ではあるものの、中途半端なポジションのため、なかなか次の選考へ駒を進めることができない状況です。

ビズリーチの特徴
  • 現在年齢 40~50歳代
  • 現在年収 タレント会員 ~800万円  ハイクラス会員 800万円~
  • 経歴   経営層,管理職の経歴 
  • 希望業種 大手・ベンチャー企業
  • 希望ポジション 経営層,管理職,メンバー
  • 希望年収 タレント会員 400~800万円  ハイクラス会員 800万円~
  • 無料会員 募集企業名やヘッドハンターの名前が閲覧できない 応募も限られる
  • 有料会員 すべてのサービス利用可能

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの求人内容での比較

募集年齢は、いずれもミドル世代の求人が多く掲載されていますが、リクルートダイレクトスカウトは若干若い求人が多い印象で、ビズリーチは、ミドル世代でもハイクラスの求人が中心となっています。

募集企業で比較すると、 リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、いずれも大手,ベンチャー中心の取り扱いです。

ただし、お互いに被る求人は少ないので、それぞれの求人を見比べたほうがいいと思います。

募集する職種の差はありませんが、募集するポジションは、共に役員,管理職,技術職,メンバーとなっていますが、リクルートダイレクトスカウトがメンバー募集が多く、ビズリーチは役員,管理職の募集が多い印象です。

ただし、ビズリーチの場合ハイクラス会員とタレント会員で差があります。

ハイクラス会員は、役員,管理職,メンバーとなっていて管理職以上の求人が多くあります。

タレント会員の場合は役員,管理職の求人は少なくなり技術職,メンバーの求人が多い印象です。

年収は、 共に600万円以上が多く取り扱われていますが、ビズリーチでタレント会員の場合は、400万円~800万円。ハイクラス会員の場合は800万円以上の取り扱いとなっています。

現在の年収が600万円以上の方で、転職後の年収を現状より増やしたい、または減らしたくないなら、リクルートダイレクトスカウトおよびビズリーチのどちらも利用したほうが幅広く転職活動ができます。

いずれのサービスも、登録した後スカウトを待つのが中心なので、両方登録して利用するほうが合理的です。

ただし、リクルートダイレクトスカウトは無料なのに対して、ビズリーチは有料会員にならないと募集企業名やヘッドハンターの名前が非表示だったり、希望の求人を見つけても応募できないなどの制限がされるので、必要に応じて有料会員になる必要があります。

リクルートダイレクトビズリーチ
募集年齢ミドル世代中心ハイクラスのミドル世代中心
現在年収600万円~ハイクラス会員:800万円~
タレント会員:~800万円 
経歴経営層,管理職の経歴,ITインターネット系の経歴 経営層,管理職の経歴
掲載企業大手,ベンチャー中心大手中心
ポジション経営層,管理職,技術職,メンバーハイクラス会員:役員,管理職
タレント会員:技術職,メンバー
年収600万円~ハイクラス会員:800万円以上
タレント会員:400万円~800万円
料金すべて無料30日間コース (税込)
タレント会員 :3,278円
ハイクラス会員:5,478円

まとめ

  • 転職サイトのサービスにはそれぞれ特徴があり、自分に合ったものを選ぶことが重要である。
  • リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、年収600万円以上のハイクラスに特化したサービスであるが、求人の内容や対象者に違いがある。
  • リクルートダイレクトスカウトは、IT,インターネット系の求人が多く、メンバー募集が多い。ビズリーチは、大手企業やベンチャーの求人が多く、役員,管理職の募集が多い。
  • 両方のサービスに登録することで、自分の市場価値を確認したり、理想の企業と出会う機会を増やすことができる。

いずれのサービスも、自分で求人を探すこともできますが、オファーやスカウトが来るのを待つのが中心です。

あなたの経歴や、現状に合わせてサービスを選択してください。

私も、同じ会社に30年以上勤めてきましたが、もっとやりがいのある仕事につきたくて、転職することを決意しました。

当初は、転職の決意をしたのはいいが、何をすればよいかわからなかったのですが、数多くの転職サイトがあることを知りいろいろなサービスに登録しました。

最初は、全くオファーやスカウトが来ないのではないかとの不安もありましたが、いろいろな企業やヘッドハンターが興味を示してくれています。

まずは、将来の転職先と出会う機会を作るためぜひ自分に合った転職サイトに登録してみてください。

[PR]

リクルートダイレクトスカウト
CAREER CARVER

登録すると、レジュメを見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができます。ハイクラス求人に特化しているので、年収800万円〜2,000万円の求人が多くを占めています。

[PR]

ビズリーチ
BIZREACH

企業やヘッドハンターからのスカウトを中心に求人情報が届くので、主体的に転職活動をしたい方に適しているサービスです。また、スカウトの状況を見て自分の市場価値を図る目的でも利用できます。

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
転職サイト転職体験情報
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました