50代の転職市場は厳しい?成功させるためのポイントと失敗例を徹底解説

働き方

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

50代は、定年まであと数年という方も多いでしょう。

しかし、定年後も働き続けたいと考える方や、今の仕事に不満を感じて転職を検討する方も少なくありません。

では、50代の転職は現実的に可能なのでしょうか?

どんな職種や業界が求められているのでしょうか?

また、50代の転職にはどんな悩みや不安があるのでしょうか?

この記事では、50代の転職市場の現状と特徴を解説していきます。

50代の転職は現実的に厳しい?

まず、50代の転職市場の規模や動向について見ていきましょう。

厚生労働省が発表した「2020年度雇用動向調査」によると、50代の転職者数は、男性が約11万人、女性が約7万人で、前年度と比べてそれぞれ約1万人減少しています。

また、50代の転職者のうち、正社員から正社員への転職者は、男性が約4万人、女性が約2万人で、前年度と比べてそれぞれ約2,000人減少しています。

これらのデータから、50代の転職市場は縮小傾向にあることがわかります。

また、コロナ禍の影響で、企業の採用意欲が低下し、求人数が減少していることも、50代の転職を難しくしています。

50代の転職自分の価値観や目標がはっきりしていない

50代の転職を考えている方は、自分の価値観や目標がはっきりしていないことが多いのではないでしょうか。

50代は、定年まであと数年という方も多く、自分のキャリアの総括や将来のビジョンを考える時期ですが、自分が何をしたいのか、何を求めているのか、どこに向かっているのかがはっきりしていないことが多いです。

そのため、50代の転職者は、転職活動において、自分の価値観や目標を明確にする必要があります。

例えば、以下のようなポイントを意識してみましょう。

  • 自分の強みや弱み、得意なことや苦手なことを客観的に分析する。
  • 自分の興味や関心、やりがいや喜びを感じることを探る。
  • 自分のライフスタイルや家族の状況、経済的な余裕を考慮する。
  • 自分のキャリアの軸や方向性、目標や夢を設定する。

50代転職の悩みや不安

50代の転職での悩みや不安は、人によって異なりますが、以下のようなものが一般的です。

  • 年齢による採用のハードルが高いこと
  • 希望年収と現実のギャップが大きいこと
  • 定年までの勤続年数が短いこと
  • 健康面や体力面の不安があること
  • 人間関係の構築や指導に不安があること
  • 自分のキャリアやスキルが活かせるかどうかわからないこと
  • 転職先の企業の安定性や将来性が不明確なこと
  • 転職活動の計画やスケジュールが立てにくいこと
  • 転職サイトやエージェントの選び方がわからないこと

50代の転職成功者の共通点

では、50代の転職を成功させるには、どうすればいいのでしょうか?

50代の転職成功者の共通点は、自分の持つスキルや経験を活かせる職場を見つけることです。

50代は、長年のキャリアを積んできた方が多く、専門性やマネジメント能力が高いと評価されることがあります。

しかし、それだけでは、転職先の企業に受け入れられるとは限りません。

転職先の企業のニーズや文化に合わせて、自分のスキルや経験をアピールすることが重要です。

例えば、以下のようなポイントを意識してみましょう。

  • 自分のスキルや経験が、転職先の企業の課題や目標にどう貢献できるかを具体的に示す。
  • 転職先の企業の業界や業務に関する知識や関心を示す。
  • 転職先の企業の風土や人間関係に馴染める柔軟性や適応力をアピールする。
  • 転職先の企業の成長に寄与できる意欲や学習意欲をアピールする。

50代で未経験の職種や業界に転職する場合は

一方、50代で未経験の職種や業界に転職する場合は、どうすればいいのでしょうか?

50代で未経験の転職は、正直なところ、かなり厳しいと言わざるを得ません。

企業は、50代の転職者に対して、高いスキルや即戦力を求める傾向があります。

また、年齢的にも、若手の育成や中堅の活躍を優先する企業が多いのも事実です。

しかし、それでも、50代で未経験の転職に挑戦する方は少なくありません。

では、50代で未経験でも転職者を募集している職種や業界は、どんなものがあるのでしょうか?

主に人手不足の分野や高齢者に優しい分野での求人が多くあります。例えば、以下のような職種や業界が挙げられます。

  • タクシー運転手
  • 介護職
  • 清掃員
  • 警備員
  • 工場補助

これらの職種や業界は、未経験でも研修や資格取得の機会がある場合が多く、年齢に関係なく採用される可能性が高くなっています。

また、給与や待遇も比較的良好で、長期的に働ける環境が整っている場合が多くなっています。

ただし、これらの職種や業界には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば、タクシー運転手は歩合制で収入が高くなる可能性がありますが、自己負担や事故のリスクも高いです。

介護職は安定して求人が出回っていますが、激務で体力や精神力が必要です。

清掃員や警備員は比較的楽な仕事ですが、シフト制や夜勤がある場合があります。

工場補助は単純作業でストレスが少ないですが、立ち仕事や重労働の場合が多くあります。

50代で未経験でも転職者を募集している職種や業界は、自分の体力や能力、希望や目標に合わせて選ぶことが大切です。

50代転職年収の正社員条件

次に、50代の転職年収について見ていきましょう。

50代の転職年収は、前職の年収や職種、業界、地域などによって大きく異なります。

しかし、一般的に言えば、50代の転職年収は、前職の年収の7割程度になると言われています。

これは、50代の転職者が、前職よりも低い職位や役割に就くことが多いためです。

また、50代の転職者が、正社員として採用されることも少なくなっています。

厚生労働省が発表した「2020年度雇用動向調査」によると、50代の転職者のうち、正社員として採用されたのは、男性が約36%、女性が約28%にとどまっています。

これは、企業が、50代の転職者に対して、高い給与や福利厚生を支払うことに消極的であることを示しています。

50代の転職失敗例

50代の転職には、成功例だけでなく失敗例も多くあります。

50代の転職失敗例の一つとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 転職先の企業の事前調査が不十分で、入社後に仕事の内容や環境に不満を感じる。
  • 転職先の企業の風土や人間関係に馴染めず、孤立やストレスを感じる。
  • 転職先の企業の業績や経営状況が悪化し、リストラや倒産の危機に直面する。
  • 転職先の企業の評価制度や昇進制度に不満を感じ、モチベーションや成果が低下する。

これらの失敗例を避けるためには、転職活動において、転職サイトや転職エージェントを利用することがおすすめです。

年収を明確にする

最後に、50代の転職において、年収を明確にすることが重要です。

年収は、転職活動のモチベーションや目標に影響するだけでなく、転職先の企業との交渉や契約にも影響するからです。

年収を明確にするためには、以下のようなポイントを意識してみましょう。

  • 自分の現在の年収や前職の年収を正確に把握する。
  • 自分の希望する年収や最低限の年収を設定する。
  • 自分の希望する年収や最低限の年収が、市場価値や相場に合っているかどうかを調べる。
  • 自分の希望する年収や最低限の年収を、転職先の企業に対して、根拠や理由をもって提示する。

まとめ

以上、50代の転職市場の現状と特徴についてお話ししました。

50代の転職は、現実的に厳しいと言わざるを得ませんが、それでも、自分の価値観や目標に沿った転職を成功させることは可能です。

そのためには、以下のようなポイントを押さえておくことが重要です。

  • 自分のスキルや経験を活かせる職場を見つける。
  • 未経験の職種や業界に転職する場合は、事前に知識やスキルを身につける。
  • 転職先の企業の安定性や将来性を事前に調べる。
  • 転職活動の計画やスケジュールを立てる。
  • 年収や待遇について、事前に確認や交渉をする。
  • 自分の価値観や目標を明確にする。
  • 転職サイトや転職エージェントの支援を受ける。

50代の転職は、人生の大きな転機です。

自分のキャリアや将来について、じっくりと考える機会でもあります。50代の転職に挑戦する方は、転職サイトや転職エージェントの支援をぜひ利用してください。

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
doda

「転職サイト」と「エージェントサービス」が複合したサービスで、すべて無料で利用できます。「転職サイト」は、10万件以上ある求人の中から検索したり、特集求人や毎週更新される新着求人もチェックできます。
「エージェントサービス」は、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のそれぞれ違った視点からサポートしてくれます。

リクルートダイレクトスカウト
CAREER CARVER

登録すると、レジュメを見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができます。ハイクラス求人に特化しているので、年収800万円〜2,000万円の求人が多くを占めています。

ビズリーチ
BIZREACH

企業やヘッドハンターからのスカウトを中心に求人情報が届くので、主体的に転職活動をしたい方に適しているサービスです。また、スカウトの状況を見て自分の市場価値を図る目的でも利用できます。

働き方
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました