ダメ上司の特徴と付き合い方 職場で見極める5つのサインと対策

働き方

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

仕事において、上司は私たちの成長やモチベーションに大きな影響を与えます。

しかし、組織の中では人事は自由にはならないため、時にはダメな上司との出会ってしまうこともあるでしょう。

ダメな上司と一緒に働くことは、ストレスや不満を常に持って働くことになり、仕事へのやる気がなくなり本来のパフォーマンスが発揮できないなどの悪影響を及ぼします。

本来のパフォーマンスを発揮できないまま何も対策をしないと、自身の評価が下がりこれまでのキャリアも無駄にすることにつながります。
また、仕事にやりがいを感じられなくなり、職場がつらくなったり会社そのものが嫌になってしまうかもしれません。

そのため、今の上司はダメな上司なのかを早く見極め付き合い方を意識することが大切です。

あなたが、今の上司に少しでも不満があり関係に悩んでいれば、この記事を参考にして今の上司は「ダメな上司」なのかを見極めて対策を考えてください。

もし、あなたの上司は「ダメな上司」でも上手な付き合い方や改善策を講じれば、今の状況を改善できるかもしれないし今後のキャリアもよい方向へ向かうかもしれません。

また、現状で解決策が見つからない場合は、思い切って転職により環境を変えるのも一つの解決策です。

会社が嫌になったらとるべき行動は、下記の記事を参考にしてください。

ダメ上司の特徴とは?職場で見極める5つのサイン

ダメな上司は、職場の雰囲気や個人の成果に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、ダメ上司の特徴を見極めることは、職場での幸福度や仕事の充実度を向上させる上で重要なスキルです。以下では、ダメ上司の特徴を把握し、対策を講じるための5つのサインについて詳しく解説します。

1. コミュニケーション不足

ダメな上司は、自分の周りの上司や部下,他部署とのコミュニケーションが取れません。

特に部下に対しては、必要な情報を共有するという感覚がなく、自分がわかっていることは部下も認識していると思っていて、業務の指示や進捗状況のフィードバックが不明瞭になりがちです。

そのため、部下は自分の役割や目標を感じられなくなり、差しさわりのないことしか行えなくなってしまいます。

仕事に対する達成感が感じられなくなり、モチベーションの低下や成果が出ないなどの影響が出ることがあります。

コミュニケーション不足によって生じる問題を解決するためには、積極的に情報を共有し、明確な指示やフィードバックを求めることが必要です。

2. 過度な干渉や細かい指示

ダメ上司は、部下の仕事に対して過剰な干渉や、いま必要ないことも事細かに指示をすることがあり、そのことで無駄な時間を取られ業務の効率が下がってしまうことがあります。

彼らは、自分のやり方や意見を押し付けそれ以外の意見を聞き入れません。

自分のやり方が100%で、自分以外を信用していないので部下の裁量や能力を制限します。

これにより、部下は「どうせ聞き入れてもらえず議論にならないのなら、ダメ上司の言うとおりにやればいい」となってしまい、部下の成長や創造性が全く発揮されない職場になってしまいます。

部下は、どの案件についても考えることをやめてしまうので、モチベーションの低下し仕事にやりがいも感じられなくなり、ストレスの増加に繋がります。

3. フィードバックの欠如

ダメ上司は、適切なフィードバックを与えることができません。

彼らは成果を評価せず、問題点や改善の必要性を指摘することが少ない傾向があります。

部下にとっては、フィードバックや評価は成長するために重要ですが、ダメ上司は批判的なフィードバックや評価を与え、具体的なアドバイスやサポートをしません。

フィードバックの欠如は、部下の成長や向上心を鈍らせ、仕事に対する意欲を低下させてしまいます。

4. 公平な扱いの欠如

ダメ上司は、公正な扱いができません。

仕事の成果や実績に関わらず、気に入った部下に偏った評価を与えます。

気に入られている部下以外は、不満や不信感を抱いてしまいチームワークが保たれない状態に陥ったりモチベーションの低下を招くことになります。

5. 責任の転嫁とネガティブな考え方を押し付ける

ダメ上司は、自身のミスや失敗を認めず言い訳をしたり他人に責任を転嫁します。

部下の成果や手柄は、横取りしあたかも自分一人で行ったように報告します。

ミスや失敗は、部下になすり付けます。

彼らは部下を非難したり、ネガティブな考え方を押し付けます。これにより、部下は自信を喪失し、職場の雰囲気やモチベーションが低下する可能性があります。

ダメ上司との付き合い方 5つの効果的な対策で職場のストレスを軽減しよう

職場での上司との関係は、仕事のパフォーマンスや働きやすさに大きな影響を与えます。

ここで共通して言えることは、どんなにダメな上司でも逆らったり無視したりしてはダメだということです。

ダメな上司でも、上司は上司です。対応を間違えると評価を低くされてしまう恐れがあります。

ストレスや不満は、上司がダメではなくても少なからず感じるものです。

ダメ上司の特性を見極めて、うまく付き合えればストレスを軽減することができるかもしれません。

1. コミュニケーションを活発にする

自分からコミュニケーションを活発にしてみましょう。

ミーティングや報告の場を積極的に設け、報告や質問を積極的に行うことで問題解決や意思疎通を促進することができるかもしれません。

どんなにダメな上司でも、避けていては関係が悪くなるばかりです。いやでも接点を持ち続けるしかありません。

2. 自己管理と目標設定を行う

ダメ上司の影響を受けずに仕事を進めるためには、自己管理と目標設定が重要です。

自分の仕事の優先順位を明確にし、目標に向かって努力することでダメ上司の影響に左右されずに成果を上げることができます。

3. ポジティブ思考でマインドセットする

ダメ上司との付き合い方においては、ポジティブな思考でマインドセットをすることが重要です。

ダメ上司の言動や行動に対しても、前向きな姿勢を保ちましょう。

いやな状況や落ち込んでいても、そのことを自己成長の機会と捉えて成長や学びの機会とすれば、ストレスも軽減できるでしょう。

4. 同僚や信頼できる上司に相談する

同僚や信頼できる上司がいれば、相談したり話を聞いてもらうだけでもストレスを軽減できます。

ダメ上司との関係に悩んだり、ストレスを感じた時には、信頼できる同僚や上司に相談することで解決策やアドバイスを得られるかもしれません。

5. 異動の希望を出す

ダメ上司と付き合いっていると、その上司のキャリアに巻き込まれる恐れがあります。

部下から見たその上司は、上層部から見てもダメな社員かもしれません。

万一部下から見てダメ上司が、会社から見てダメ社員だった場合、あなたも一蓮托生とみなされる可能性があります。

どうしても付き合いきれないようなら、部署異動を希望してみましょう。

その際に、ダメ上司を理由に希望を出してしまうと、あなたのコミュニケーション能力が欠如していると受け止められる可能性があるので、希望する部署への理由は前向きなものにしましょう。

まとめ

ダメ上司の特徴と対策について解説しました。

ダメな上司との付き合いは、日常の職場生活に大きなストレスをもたらします。

ダメ上司の特徴

  • コミュニケーション能力が欠如している。
  • 自分のやり方が100%。部下の裁量や能力を制限する。
  • 批判的なフィードバックや評価をする。
  • 具体的なアドバイスやサポートをしない。
  • 仕事の成果や実績に関わらず、気に入った部下に偏った評価をする。
  • 部下の成果や手柄は横取りし、ミスや失敗は、部下になすり付ける。

ダメ上司との付き合い方

  • 自分からコミュニケーションを活発にしてみる。
  • 自己管理と目標設定をする。
  • ポジティブな思考でマインドセットをする。
  • 信頼できる同僚や上司に相談する。
  • 部署異動を希望を出す。

ダメな上司は、どこにでもいます。

企業に勤めている以上すべての人間関係が良好とは限りません。

ダメな上司の特徴を理解してうまく付き合うことは、あなたのキャリアを積み上げていくうえで越えなければならない試練かもしれません。

いろいろと、対策を講じても解決が難しい場合は、そのダメ上司を放置している会社に問題がある場合もありますので、転職を検討してもいいかもしれません。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

ミドルシニア世代になり長年勤めている会社から嫌がらせを受けており、さらにここ数年上司からパワハラを受け、不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

このことで、会社を信用できなくなったのは当然ですが、周りにいる人間も信用できなくなり転職活動を始めました。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で現在の勤務先で居場所がなくなってしまったり、将来の姿が見えてきてしまってる方の中で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
doda

「転職サイト」と「エージェントサービス」が複合したサービスで、すべて無料で利用できます。「転職サイト」は、10万件以上ある求人の中から検索したり、特集求人や毎週更新される新着求人もチェックできます。
「エージェントサービス」は、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のそれぞれ違った視点からサポートしてくれます。

リクルートダイレクトスカウト
CAREER CARVER

登録すると、レジュメを見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができます。ハイクラス求人に特化しているので、年収800万円〜2,000万円の求人が多くを占めています。

ビズリーチ
BIZREACH

企業やヘッドハンターからのスカウトを中心に求人情報が届くので、主体的に転職活動をしたい方に適しているサービスです。また、スカウトの状況を見て自分の市場価値を図る目的でも利用できます。

働き方
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました