転職サイトやエージェントに登録したらこんなにスカウトやオファーが!ミドルシニアの転職体験談

転職体験情報

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

私は、現在50代後半で転職活動をしています。

今の会社は、定年年齢が60歳なのであと数年で定年を迎えます。

こんな私でも、転職サイトや転職エージェントに登録したところ、数多くオファーやスカウトが送られてきます。

条件が希望に合わないオファーやスカウトもありますが、条件に合ったものも多くあります。

この記事では、まもなくシニアの私に、どんなオファーやスカウトがあるのかまとめました。

転職で迷っているミドル,シニアの方は、ぜひ参考にしてください。

オファーやスカウトを受け取るには、まず転職サイトへ登録する必要があります。

転職サイトへ登録するか迷っている方は、下の記事を参考にぜひこの機会に登録を済ませてください。

  • 50代後半の転職活動者が転職サイトやエージェントに登録して受け取ったスカウトやオファーの内容
    • 施工管理ができれば資格がなくても歓迎される
    • 営業職は飛び込み営業のオファーが多い
    • タクシードライバーのオファーは無限に来る
  • ただし、以下の事項は覚悟しておいたほうがいい。
    • 年齢が高いとマネジメント経験あっても、管理職のオファーは少ない
    • オファーやスカウトがあっても応募条件で引っかかる
  • ミドルシニアの転職は難しいがベテランや経験者を求めている企業もあるので希望を持って探すことが大切
ミドル・シニアにおすすめ転職サイトは下記を参考にしてください。

ただし、この記事はあくまで私の経歴からどんなスカウトやオファーが来ているかをまとめたものです。

読者の方の経歴やスキルによって変わってきますので、あくまでも私の体験談としてお読みいただければと思います。

私の職務経歴

高校を卒業後、地元のインフラ関係の会社へ入社。最終学歴は高卒です。

そのまま現在まで40年近く勤務していて、転職経験はありません。

現在は従業員150人程度の中小企業で、部長級のポジションについていましたが、今は役職定年になっていて一線からは外れています。

職歴としては、個人営業,法人営業,建設に伴う設備の施工管理,保安管理などの仕事経験があり施工管理や保安についての資格や免許を保有してるため、履歴書や職務経歴書に記入してあります。

また、マネージメント経験もあり、最大で50人ほどを取りまとめていた経験があります。

  • 年齢57歳
  • 最終学歴 高卒
  • 転職経験なし
  • 職歴
    • 個人営業
    • 法人営業
    • 施工管理
    • 保安管理
  • 保有資格多数
  • マネージメント経験 50人
ミドル・シニアにおすすめ転職サイトは下記を参考にしてください。

送られてくるスカウトやオファー

現在の私に、実際に送られてくるスカウトやオファーは、次のような職種です。

  • 建設現場の施工管理
  • 営業
  • タクシードライバー
  • トラックドライバー

私の希望職種は、法人営業で既存顧客を希望しています。

施工管理ができれば資格がなくても歓迎される

建築業界も人手が不足しているようで、施工管理ができれば資格がなくても歓迎されるようです。

施工管理とは、何をやるのかというと、建築現場には、建築,電気,給排水衛生などいろいろな業者が集まって工事を進めていきます。

その業者同士の打ち合わせに出たり、決まった内容を実際に施工する業者さんへ指示したり、確認したりというような仕事で、事務所で執務するというよりは、施工している現場が勤務地になることが多いです。

担当している現場によって遠い場合もありますし、日によって現場が変わるということもあります。

勤務地が変わるということは、通勤時間がまちまちになることが考えられるのがネックです。

私は、20年ほど前に5年間くらい施工管理を担当しました。

その時に必要に迫られて資格も取得したため、職務経歴書を見てオファーをいただけるのだと思いますが、経験も少なくブランクもあるためできれば現場には出たくないと思っています。

ただし、給与は割と高い求人が多いので応募するか迷うことが多いです。

営業職は飛び込み営業のオファーが多い

営業職の求人は、業種によらずかなりの件数のオファーがきます。

営業職の求人は、何種類かあって既存顧客対応の営業と、新規開拓の営業が良く募集されています。

私が希望している既存顧客の営業は、年齢が高いと過去に実績があってもスカウトやオファーは全く来ません。

エージェントの話によると、既存顧客の営業は、若い人材を求めている企業が多く、年齢は高くても40代前半までじゃないと必要とされないようです。

一方、住宅のリフォームや外壁塗装など、足で稼ぐ飛び込み営業は、年齢が高くてもオファー送られてきます。

ただし、一見給料も高いように募集されていますが、基本の給料は低く設定されいて多くはインセンティブになっていて、入社後に実績を出し続けないと表示通りの給料にならない仕組みになっている求人がほとんどです。

未経験者歓迎となっている場合もありますが、経験者でないとかなり苦労するのではないかと思います。

タクシードライバーのオファーは無限に来る

スキルや経験が全くなくても、よく送られてくるスカウトやオファーはタクシーやトラックのドライバーです。

私の場合は、タクシードライバーのスカウトやオファーがひっきりなしに送られてきます。

2種運転免許を持っているわけでもないのですが、毎日のようにスカウトメールが送られてきます。

選考も、面接のみの募集がほとんどで応募するとすぐ入社できそうです。

タクシー業界は、朝から翌朝までのように連続勤務時間が長いわりに、売り上げが給料に反映される仕組みのところが多く、売り上げがないと給料も下がってしまいます。

また、休日が多いようにうたっていますが、朝から翌朝などの連続勤務となっているため、体力的にもキツそうなので、体力に自信がある方や運転が好きな方でないとおすすめできません。

トラックドライバーは大型免許があれば稼げそう

トラックドライバーの場合、免許があれば職歴などはあまり関係ないようです。

運転免許は、大型免許を持っていると大型トラックに乗車できるので給料もいいようです。

ミドルシニア世代の方は、20歳前後に普通免許を取得している方が多いと思いますが、現在では免許制度が変わり、その当時取得した普通免許は準中型まで運転できるようになっています。

それでも、新たに大型免許を取得しようとすると50万円くらいかかります。

人とのかかわりが少ないので、人づきあいがわずらわしいと思う方におすすめです。

トラックドライバーのオファーでは、大型以外に軽貨物で宅配という仕事もあります。

社員としての募集のほかに、独立して業務委託として宅配を請け負うというようなオファーもあります。

独立すれば働いた分だけ収入になりますが、開業資金が必要で車のローンやリース代,燃料代などの運転資金も必要になります。

しっかりと準備できれば、自分次第で業務を拡大できる可能性があるのでチャレンジしたい方はおすすめです。

高年齢だとマネジメント経験があっても管理職のオファーは少ない

ミドルシニア世代の方は、これまでの職歴の中で管理職を経験している方も多くいると思います。

私もその一人ですが、管理職ポストの求人はほとんどありません。

職務経歴書にも管理職経験は明記していますが、管理職としてのスカウトやオファーはほとんどありません。

転職サイトや転職エージェントで扱っている求人は、大手やベンチャーが多いので中小企業の管理職経験では魅力を感じないのでしょう。

そんな中、dodaのエージェントから営業部長のオファーがありました。

何度もメールが来るので、応募してWeb面接を受けた際に社内事情などもお話ししていただきました。

急成長中のベンチャー企業とのことで、新設部門のメンバーが30代40代でそれを取りまとめられる人材が必要だということでした。

残念ながら、勤務地が遠く通いきれなかったのでお断りしましたが、もしかするとベンチャー企業などで50代を求める企業も少なくないのかもしれません。

ミドル・シニアにおすすめ転職サイトは下記を参考にしてください。

オファーやスカウトがあっても応募条件で引っかかる

転職サイトの求人を検索したり、オファーやスカウトがあっても応募条件で引っかかる条件があります。

最終学歴

求人の多くは、最終学歴を募集条件としています。

中には学歴不問の求人もありますが、大卒以上としている求人が多く見受けられます。

私は高卒なので応募条件に合わず応募できない求人が多くあります。

ダメもとで最終学歴を、大学卒や大学院卒にしている企業に数社応募してみましたが、書類選考を通過することはありませんでした。

選考で学歴を理由に落とされているかどうかは、定かではありませんが結果はすべて撃沈です。

年齢制限はされていないものの

平成19年10月から採用の募集要項に年齢制限を設けたり、年齢を理由に応募を断ったりすることは、雇用対策法で原則禁止されています。

そのため、募集要項にはっきりと年齢制限が書かれていることはほとんどありません。

しかし、社員の平均年齢が若い年齢が書いてあったり、20~30代活躍中などと書いてあると応募に腰が引けます。

経験,スキル

これまでの経験やスキルが、応募条件になっていることが多くあります。

企業は、即戦力の人材を求めているので、ある程度の実務経験を問われる求人がほとんどです。

必然的に、今まで経験してきた業種を選択することが多いと思いますが、人手不足が深刻な介護,福祉や警備などの業界では未経験でも歓迎されるようです。

ミドル・シニアにおすすめ転職サイトは下記を参考にしてください。

まとめ

私が転職活動で、実際に受け取ったスカウトやオファーを紹介してきました。

ミドルシニアの転職が難しいのは間違いありませんが、求めている企業も全くないわけではありません。

まもなくシニアの私にもスカウトやオファーを送ってくれる企業があるので、希望と合う企業がきっと見つかると思っています。

スカウトやオファーを受け取るには、まず転職サイトに登録してからの話になります。

まだ、登録をしていないという方は、早めに登録することを強くお勧めします。

  • 50代後半の転職活動者が転職サイトやエージェントに登録して受け取ったスカウトやオファーの内容
    • 施工管理ができれば資格がなくても歓迎される
    • 営業職は飛び込み営業のオファーが多い
    • タクシードライバーのオファーは無限に来る
  • ただし、以下の事項は覚悟しておいたほうがいい。
    • 年齢が高いとマネジメント経験あっても、管理職のオファーは少ない
    • オファーやスカウトがあっても応募条件で引っかかる
  • ミドルシニアの転職は難しいがベテランや経験者を求めている企業もあるので希望を持って探すことが大切

最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

少しでも転職で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ミドル・シニアにおすすめ転職サイトは下記を参考にしてください。


この記事を書いた人
Jojin(ジョジン)

私はサラリーマンで、エネルギー関連の会社で技術営業として法人の省エネ設備やシステムの提案などを行い大きなプロジェクトもまとめてきました。

これまで管理職として部署を預かっていましたが、現在は役職定年となり、上司から嫌がらせやパワハラを受け、会社からは不当な人事異動で窓際に追いやられるという不公平な扱いを受けました。

これを機会に、退職を決意し転職活動を始めました。

転職活動は、複数の転職サイトや転職エージェントからオファーやスカウトを受けています。

このメディアでは、ミドル・シニア世代で、自分は「もっとやれるのに」と、くすぶっている方へ私自身の体験から、少しでもお役に立てる情報を提供します。

Jojin(ジョジン)をフォローする
[プロモーション]
doda

「転職サイト」と「エージェントサービス」が複合したサービスで、すべて無料で利用できます。「転職サイト」は、10万件以上ある求人の中から検索したり、特集求人や毎週更新される新着求人もチェックできます。
「エージェントサービス」は、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のそれぞれ違った視点からサポートしてくれます。

リクルートダイレクトスカウト
CAREER CARVER

登録すると、レジュメを見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができます。ハイクラス求人に特化しているので、年収800万円〜2,000万円の求人が多くを占めています。

ビズリーチ
BIZREACH

企業やヘッドハンターからのスカウトを中心に求人情報が届くので、主体的に転職活動をしたい方に適しているサービスです。また、スカウトの状況を見て自分の市場価値を図る目的でも利用できます。

転職体験情報
Jojin(ジョジン)をフォローする
ミドル・シニアの転職体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました